TNC page top
サイトマップ サイトマップ
入会案内 会員サービス 会員サポート コンテンツ
ホーム > 会員サポート > セキュリティ通信 >

スパイウェアにご注意ください

スパイウェアとは? スパイウェアの検出と削除 スパイウェアの予防

スパイウェアとは?
スパイウェアはどんなもの?

スパイウェアは、知らない間にパソコンに侵入し、ホームページを開いたときに自動的に広告ウィンドウをたくさん開くなどのパソコンの円滑な動作に不具合を与える有害なソフトウェアです。アドウェア、マルウェアと呼ばれることもあります。
またスパイウェアはウィルスではなく、パソコンからパソコンへと感染することはありません。

多くのスパイウェアはひどく悪質なものではありませんが、中にはあなたが見たホームページサイトを追跡しその情報を予め設定されているサーバへ送ったり、自分のパソコンに保存しているデータを流出するようなものや、パソコンの負荷を高めてパソコンを動かなくするようなものがあるため、日ごろから十分な注意が必要です。


パソコンにスパイウェアが入っていると、どのようなことが起こるの?

下記のようなことに、心あたりがありませんか?
複数項目に心あたりがあれば、パソコンにスパイウェアが侵入している可能性があります。

突然、たくさんの広告が開いたり、画面いっぱいに広告が開くようになった。
ホームページを開くと、最初に表示されるページが外国のページに変わってしまった。
Internet Explorer などのブラウザのメニューバーに、検索用の入力欄が突然表示されるようになった。
[ お気に入り ] の中に覚えのないホームページが追加されていた。
デスクトップやタスクバーに、見慣れないアイコンが表示されるようになった。
急にダイヤルアップの接続画面が表示されるようになり、[ ダイヤルアップネットワーク ] または [ ネットワークとダイヤルアップ接続(インターネット接続) ] を確認したら、見慣れないダイヤルアップの設定ができていた。
最近フリーウェア等をダウンロードし、インストールした。
使用しているパソコンが、極端に動作が遅くなったり止まってしまうようになった。
など

図1


スパイウェアはどのようにパソコンへ入ってくるの?

ホームページ閲覧中(主にアダルトサイト)にダイアログを表示し、『はい』 などのボタンをクリックさせ、ダウンロード・インストールさせる場合(下図1)や、音楽再生ソフト等のフリーソフトをダウンロード・インストールする際に、一緒にインストールさせる場合(下図2)が、一般的に多いようです。

そのほか Internet Explorer などの脆弱性を利用して気付かぬうちにコンピューターにダウンロード・インストールさせるものや、スパイウェアの仕掛けが施されたメールを開いたときに自動的にスパイウェアがダウンロード・インストールさせるもの、非常に悪質なものでは、アンインストールをするとネットワーク接続ができなくなったり、アンインストールができないスパイウェアも発見されています。

図2


このページのトップへ

スパイウェアの検出と削除
スパイウェアがパソコンに入っているかどうか、どのようにしたら分かるの?
またどのようにしたら、スパイウェアを削除することができるの?

スパイウェアを検出・削除するには、専用のソフトやセキュリティソフトの機能を利用します。
詳しいソフトの利用方法は、それぞれのソフトメーカーへお尋ねください。

< 専用ソフト >
→ Ad-Aware
→ Spybot Search and Destroy

< セキュリティソフト >
→ TOKAI SAFE
→ Norton
→ ウィルスバスター

上記の専用ソフトやセキュリティソフトを使用しても、削除できないスパイウェアは多数あります。
削除ができず不具合が続く場合には、ご利用のパソコンメーカー、またはネットPCレスキュー隊へご相談ください。
TNCの「ホームページウィルスチェック」や「ホームページフィルタ」をご利用いただいても、スパイウェアの予防や削除をすることはできません。
セキュリティソフトのバージョンにより、スパイウェアに対応していないものがあります。お使いのセキュリティソフトがスパイウェアに対応しているかなど詳しくは、セキュリティソフトメーカーへお尋ねください。

このページのトップへ

スパイウェアの予防
被害を受けないために、注意することはありますか?

スパイウェアの被害を受けないために、日頃から以下のことに注意しましょう。

[ Windows ][ Macintosh ]
心あたりのないダイアログが開いた場合には、安易に「はい」や「OK」などのボタンを押さないようにしましょう。
ホームページ閲覧中に、下記のような心当たりがないダイアログが開く場合(ソフトのダウンロード時などを除く)には、注意が必要です。
このようなダイアログが頻繁に表示されるような場合には、特に注意しましょう。
また信頼のおけないウェブページは、スパイウェアの被害を防ぐためにも、閲覧しないことをおすすめします。

図3

[ Windows ] Windows Update で、Windows や Internet Explorer を最新の状態にしておいてください。
日頃から Windows Update をまめに行い、Windows や Internet Explorer のバージョンを、常に最新の状態にしておきましょう。

→ Windows Update

Windows Updateの詳しい使用方法は、Microsoft社へお尋ねください。

[ Windows ] 「Internet Explorerのセキュリティレベル」をできるだけ『低』にしないようしましょう。
「Internet Explorerのセキュリティレベル」をできるだけ『低』にしないようしましょう。
JavaやVBAのスクリプトで書かれた悪意あるコードに進入される恐れがあります。

セキュリティレベルを『高』にすると、ホームページを見ることができない場合があります。

(セキュリティレベルの設定確認)
1) [ Internet Exploerer ]を起動し、メニューバー「ツール」→「オプション」を選択します。
2) 「インターネットオプション」ウィンドウの[ セキュリティ ]タブを選択します。
3) 「このゾーンのセキュリティレベル(L)」を「中」以上にしておきます。
4) 「OK」ボタンをクリックし「インターネットオプション」ウィンドウを閉じます。

図3

[ Windows ] 「アプリケーションの追加と削除」に不審なソフトが入っている場合は『削除』してください。
「アプリケーションの追加と削除」に不審なソフトが入っている場合は『削除』してください。

1) [ スタート ]→[ コントロールパネル ]→[ プログラムの追加と削除(アプリケーションの追加と削除) ]を選択します。
2) 「現在インストールされているプログラム」が表示されるので、心当たりのないソフトが入っていないか、確認します。
3) 心当たりのないソフトが入っている場合には、クリックして選択し「変更と削除」ボタンをクリックして削除を行ってください。
4) ウィンドウを閉じていきます。

図4

[ Windows ] 「TNCオンラインセキュリティ」サービスを利用し、悪質ページへのアクセスを防ぎましょう。
「TNCオンラインセキュリティ」を利用すれば、スパイウェアが潜んでいる可能性のあるページへのアクセスを未然に防ぐことができます。

→ TNCオンラインセキュリティ

☆スパイウェアによりパソコン不具合を直すことができない場合

ネットPCレスキュー隊までお電話ください。
パソコンに詳しいスタッフがお客様のご自宅にお伺いし、診断の上、的確な対応を行います。(有料)

→ ネットPCレスキュー隊

☆参考

下記サイトにもスパイウェアに関する詳しい説明がありますので、参考にしてください。

→ パソコンユーザのためのスパイウェア対策 5 箇条(IPA)
→ スパイウェア(Microsoft)
→ スパイウェアまたはアドウェアなどが原因で予期しない動作が発生する(Microsoft)

このページのトップへ

TOKAIネットワーククラブ
Copyright
個人情報保護サイトのご利用について